筋トレを始めようと思ってもいきなりジムへ
通うのも少し抵抗がありませんか?

行ったところで続けられるか分からない。
金額的にも負担が大きいなどといろんな

事情で戸惑う方もいるのではないでしょうか?
そう言った方におすすめが自宅での
筋トレです。

自重トレから始めても良いと思いますが
ダンベルを使用すると、
効果的に筋肉を

大きくすることが出来ます。
私の場合は、以前ジムに通っていましたが

どうしても時間帯が重なり混雑時になったり
で、
そのためバーベルや、マシン

などといった道具の使用は順番待ち!
そう言った理由でダンベルを購入して
自宅での筋トレ
を初めました。

こちらでは、ダンベル器具を使って自宅で
出来るトレーニング基本種目を紹介
したいと思います。

スポンサーリンク

 


ダンベル3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ダンベルトレーニングのメリットについて

自宅でダンベルトレーニングをする優れてい
る点は、いろいろと有りますが何といっても
スペースを確保しやすい点です。

1、省スペースで確保がしやすい。
  
ダンベルはバーベルやマシンなどに比べて
スペースが小さく自宅でのトレーニングには
向いています。
2、負荷の調整がしやすい。

自重の体重負荷に比べさらに追い込むことが
出来負荷の調整がしやすい。
3、目標の設定が立てやすい。
ダンベルを使用する場合「何㎏」とはっきり
と自覚できるため負荷を高める場合でも

重さや回数などの達成感を実感しやすい
メリットがあります。
4、ダンベルは、より大きな動きで負荷をかけトレーニングが出来る。
だんべるを使用すると、バーベルなどに
比べて大きな範囲でトレーニングが出来ます。

例えばバーベルでベンチプレスなどの種目
の場合胸に当たるところが最下位置
ですが、

ダンベルだとさらに深く追い込むことができす。
ダンベルにはそう言ったメリットがあるので、
とてもおすすめです。

●ダンベルの種類

ダンベルを買うと思うと初心者さんの場合種類や
パーツに迷うと思いますが
ダンベルには、
大きく二つの種類があります。

重量固定式ダンベルです。メリットは、
個々の重量が決まっているため
取り外しの
手間がかからない点です。

「丸型の鋳造ダンベル」

222

 

 

 

 

 


丸型は、最も安く買えます。1㎏なら
100円ショップでも手に入りす。

「六角形のダンベル」

456
002

 

 

 

 

 

おもりの部分が六角形になっており転がりにくい
形状が特徴になっています。

「ラバーコーティングのダンベル」

yjimagew3dc0fkd

 

 

 

 

 

 

 

表面全体が合成ゴムでコーティングしているため
床などが傷つきにくいのでおすすめです。

デメリットは、その反面異なる重量のダンベルを
何個もそろえなければ行けませんので、
あるていどの設置スペースが必要となります。

スポンサーリンク

●オススメのダンベルは

yjimage483cy554

 

 

 

 

 

 

自宅で使用するなら重量調整式ダンベル
がおすすめです。

メリットは、重さを自由に調整出る
タイプになります。

ダンベルのシャフトにつけ足したり取り
外したりと重量を自分なりに調整出来ます。


プレートの取り外しは多少面倒ですが、
複数のプレートを揃えるだけでスペースにも
さほど困らないでしょう。

重量調整タイプのダンベル

「シャフト」
ダンベルを握る部分です、又は、「バー」
とも呼びますが
調整タイプのシャフトの

形や重さはいろいろですが

通常は直径が28ミリ、重さが2.5㎏の
タイプがおすすめです。

「プレート」
これは、誰でも知っているおもりですね。
プレートは、鉄製のものがほとんどですが
ラバーでコーティングされたものがおすすめです。

「カラー」
プレートを固定するストッパーになりますが
私はカラーをシャフトの両サイドからネジの

ように
回転させてさせて固定させる
「スクリュー型」を使用しています。

●ダンベルをそろえよう

初心者の場合は、自分は何キロからスタート
すれば良いのか
戸惑いもあるかもしれません。

調整タイプのダンベルの場、スタート時の
おすすめは20㎏です。

1個20㎏のダンベルを購入する場合の内訳は
「シャフト」の重量(約2.5㎏)
「プレート」5㎏×2枚 / 2.5㎏×2枚 / 1.25㎏×2枚です。

※但し初心者さんは、10㎏からのスタートでも良いと思います。

さらにトレーニングを継続して物足りなくなれば
プレートを
2.5㎏刻みで増やして行くことが
可能です。

もちろん余裕のある方は、30㎏スタートでも
構いません。
その場合、上記の重量に10㎏のダンベルを

追加すればいいだけです。
重量を重くするには、
プレートを単品で購入しましょう。

まとめ

如何でしたか?
これから自宅でトレーニングを始めたいと

言う方に参考になればいいなと思います。
一緒にがんばって行きましょう。

スポンサーリンク

関連記事

・胸を鍛える種目

・背中を鍛える種目

・肩を鍛える種目

・腕を鍛える種目